ウコンの歴史

ウコンは古来より生活に密着したものとして活用されてきました。世界各地に残るウコンの歴史を簡単にご紹介いたします。

【ウコンの歴史 日本編】

ウコンは卑弥呼の時代からありました。幻の女王、卑弥呼はもともと倭人で、中国の王にウコンを献上したという記録があります。魏志倭人伝に書かれている、倭人が体に巻きつけている布は、ウコンで染められたものだといわれています。

また卑弥呼の時代から200年経った5世紀前半の遺跡・月ノ輪古墳(岡山県)から数多くの染め糸が出土しました。それらの糸は、赤、黄、青、緑に染められていました。その染料として、黄色はウコン、緑はウコンと藍をかけ合わせとものではないかと考えられます。

日本でもウコン染めの黄色い風呂敷がありました。和服を包むとき、このウコン染めの風呂敷が使われていました。これには殺菌作用もあるといわれています。それは着物が虫に食われるのを防ぐための生活の知恵だったのですね。虫はウコンの特殊な香気を嫌うとされたといいます。そのためにウコンで染めて嬰児の産着に用いたり、道具類や布帛などの包み布や風呂敷などに使用したりしたといいます。

江戸時代の発明家、平賀源内(1726〜1779)は“江戸のレオナルド・ダ・ビンチ”とも称され、有名な発明家ですが、薬草の研究家としても超一流でした。彼の著書 “物類品隲”の第3巻の中にウコンについての記述があります。

また、この時代は八代将軍、吉宗の治世であり、いまの小石川植物園が薬草園として作られました。暴れん坊将軍も薬草の研究には非常に力を入れていたようですね。

今年のNHKの大河ドラマ「篤姫」でもウコンは大きくかかわっています。幕末の時代、薩摩藩も財政難にあえいでいました。そこで、財政改革に着手し、五百万両ともいう巨大な借金を返済し、その後の10年で50万両という大きな蓄財をなしました。

これは藩主の側近で家老の、調所広郷が主導権を握って実行しました。この中には、抜け荷(密貿易)を厳しく取り締まって稼いだものもあるといわれています。そして、貿易を盛んにしました。その商品の中にウコンが含まれていたようです。

ウコンは当時、藩の専売商品で厳しく管理され、価格も下がらないように、生産調整もされていました。ちなみにウコンの値段は、琉球(沖縄)の農民から買い上げた価格の、44倍で大阪の商人に売っていたという記録があります。まさにボロ儲けですね。

この蓄財で外国の優秀な兵器を買い、その力を以って徳川幕府を倒す原動力にしました。借金だらけのままでは、倒幕どころではありませんからね。

【ウコンの歴史 中国編】

西遊記のモデルとなった玄奘(600〜664)の「大唐西域記」の中にもインドの衣食についてのところで「…身には諸種の香料を塗る。いわゆる栴檀、ウコンである。」となっています。孫悟空がいたら、どうしていたのでしょうね。

中国の代表的詩人、李白(701〜762)の「客中行」という作品の中に、ウコンという文字が見られます。「蘭陵のうま酒はウコンの香もかぐわしく…」となっています。

マ ルコ・ポーロは福建省の福州という町でショウガを探しに出かけた時に、ウコンに出会い、彼の著書“東方見聞録”の中に記載されています。「一見サフランに 似ているが、本当はそうでもない一種の花弁の実も多産し、サフランと同じ用途に使われている・・・」これこそウコンなのです。

【ウコンの歴史 インド編】

インドでは釈迦の時代(紀元前5世紀頃)護摩壇に捧げる植物とされ、「奨水」として顔をのぞかせ、「生薬」としても登場していました。

インドの古典医学書「スシュルタ本集」の中に「血液が流出せざる場合に使う」とか「鎮静効果をもつ植物」として紹介されています。

ヒンドゥー教ではウコンを神聖な植物として考えられているそうです。人々が身につけている銅製のお守りの筒や、儀式に使われる糸のほとんどは、ウコンで染められているといいます。

ウコンには邪悪なものを近づけない、魔力が秘められていると信じられているからです。

インドの結婚式の日、花婿と花嫁は全身にウコンの粉末を塗り、いざ式になると、二人はウコンを火にくべて結婚を祝います。インド人たちは、ウコンに浄化作用があると考え、あらたな人生の出発にウコンの力を借りるのでしょう。古くからインドの結婚式でウコンは重要なものとなっています。

インドのベンガル地方の村では、子供たちがちょっとした怪我をしたときなどに“ウコンでも摺りこんでおけ”などというのを耳にすることがあります。

さしずめ日本での“あかぎれに生味噌を摺りこんでおけ”と同じような調子で、インドの人々の日常生活の細かいヒダの奥までウコンの匂いは染み込んでいるようですね。

実際、ウコンには殺菌作用もあって、病原菌を寄せつけないといわれ、かつては毎日の沐浴の後に、ウコンを擂った物を油とともにからだに塗る習慣があったようです。

ウコンは化粧品としてインドの女性たちに愛用されているといいます。ウコンにレンズ豆の粉と紅色のサフランを加え、それを肌に塗るというものです。さらに生ウコンとレンズ豆をすり、牛乳で練ったものは顔にシミを防ぐのにいいそうです

。これは昔のインドの話ではなく、南インドの街を歩くと、今でもウコンで顔をうっすら黄色く染めた女性を見かけるといいます。インドの女性たちはウコンが肌を美しくすることを知っていました。

【ウコンの歴史 タイ編】

やがてシャム(現タイ)の宮廷にも伝わって、女官たちもウコンを肌に塗っていたのでしょう。「昔の宮中の女官たちはウコンを塗っていたから肌が黄色かった」という文献があります。昔のタイの宮廷の女性たちはウコンで化粧をしていたようです。

タイでもインドと同じように結婚式にウコンが使われます。式の前、花嫁はからだを洗い、ウコンを肌に塗るという昔からの習慣です。

タイの百科事典「サーラーヌコムタイ」の第3巻には、このような記述があります。

その昔、タイにおけるウコンは肌につける香料としてもっとも愛用されていた。水浴びなどした入浴後、ウコンの粉末をからだに塗って使用されていた。

ウコンの効用という点では、肌荒れなどの治療や予防という面で、効果があることがよく知られていた。「虫さされ」やそのほかの原因による不愉快なかゆみに非常に薬効があると愛用されていた。

とくに柔らかい肌をした幼児は入浴後、蚊やさまざまな虫にかまれやすいが、ウコンを肌に塗り予防していた。

タイには“アーブナムソップ”という儀式があり、それはインドから伝わったと思われる習慣です。その儀式は親しい人や目上の人の遺体を納棺する前に、敬意を表し、水をかけて清めるのです。

それは生前、故人にたいし僭越なことに対して赦しを乞う儀式ですが、その儀式の前に、死者のからだにウコンの粉を塗るのです。


またタイでは出家して僧侶になる時、髪を剃り、その後にたたきつぶしたウコンを塗るそうです。そうすれば頭もピカピカに光りますからね。

【ウコンの歴史 その他地域編】

インドネシアでも同じような風習が残っています。結婚式にのぞむ花婿、花嫁は必ずウコンで腕を黄色く染めるそうです。いざ結婚式になると、必ずウコンで色をつけた米飯が宴席に出されるといいます。日本で言えば赤飯といったところでしょうか。

結婚式だけでなく、サルタン(回教国の君主)の厳粛な式典や祝宴に出席する時、人々は必ず上半身にウコンを塗るのです。

マレー半島のマレーシアには、ウコンの粉末を産後の女性の下腹部にさすりつける風習が残っています。さらに、赤ん坊のヘソの緒の切り口にウコンを塗る風習もかつてはありました。これはヘソの緒の傷を癒すだけでなく、悪霊から女性や赤ん坊を守るためだとされています。

ウコンがヨーロッパの記録に初めて登場したのは1450年ごろ、ドイツのフランクフルトに“薬種リスト”が出回り、それにウコンがショウガとともに記されていたといいます。


16世紀になるとウコンはドーバー海峡を渡り、イギリスでも多くの商人たちの手にわたっていました。それも香辛料としてではなく、着色料として輸入されていました。ターメリックという言葉がはじめてイギリスで使われたのが1538年といわれています。

【銀行振込】

・三菱東京UFJ銀行
・楽天銀行(旧イーバンク銀行)
・みなと銀行
・ゆうちょ銀行

【代金引換】

手数料330円

※お買い上げ10,000円以上で代引手数料無料!

ヤマト運輸のクロネコ宅急便にて発送いたします。

【送料】

・北海道1,700円
・北東北1,260円
・南東北1,150円
・関東・信越・九州1,040円
・関西・北陸・中部・中国・四国930円
・沖縄1,370円

※お買い上げ5,000円以上で代引手数料無料!